国家資格を有する現場監督|キャリアアップも夢じゃない|貿易事務は語学を活かせる仕事

キャリアアップも夢じゃない|貿易事務は語学を活かせる仕事

複数の人

国家資格を有する現場監督

複数の男性

六種類の資格

工事現場や建築現場において、施工管理は円滑に工事を終了させるために必要な存在です。事前に危険を察知し、従業員が安全に作業できるように配慮することが求められます。施工管理は現場の監督責任を負う立場になります。この施工管理には、視覚が必要になります。施工管理技士という国家資格が必要になります。国家資格には、それぞれ建築機械部門、土木部門、建築部門、電気工事部門、管工事部門、造園施工部門の六種類に分類されており、それぞれ一級と二級の資格があります。技術的な要素のほかにスタッフをまとめ上げるためのマネジメントスキルや、リーダーシップが必要になります。そしてこの施工管理を派遣で募集している場合もあります。

コストメリットが高い

工事は常に行われるわけではありません。施工管理は現場作業のスキルは要しません。あくまでも全体をまとめ上げるスキルが必要なのです。要資格になりますので、支払う給料も当然高くなります。正社員で雇用しても常に仕事があるわけではない状態では企業側のコストも高くつきます。そのため工事単位で施工管理を派遣で雇用する方法を採用するケースが多くなっているのです。契約期間は工事の開始から終了までです。現場監督として現場に常駐することが基本となります。品質管理や施工主が納得する工事を完遂させる必要があるため、派遣契約を結ぶ際には、これまでの成果実績を問うケースもあります。派遣登録をしておくと仕事は需要があるメリットもあります。